信託保全は重要項目


987o8外資FX企業トレードを行うにあたって補償金を預けるのですが、万一事業者が破綻した場合にそれが戻って来ないこともあります。そういうリスクを回避するためにあるのが「信託保全」です。

これは顧客から預かったお金を銀行などに預けることを意味します。そうすることで、万一事業者が破綻しても、銀行にお金を預けていることで、資金が戻ってくるという仕組みになっているのです。

ただ、この信託保全には何種類かあります。「完全信託保全」「一部信託保全」「分別保管」という3つです。

完全信託保全というのは、証拠金の全額を銀行に預けるという形式をとります。銀行ですから最も安全ということになります。従って、万一事業者が倒産した場合でも、証拠金が全額戻ってくるのです。金融取引は基本的にはハイローのどちらかの予想、という定義ができますので、やはりリスクはつきものです。

お薦めウェブサイト: 金融派生商品.com

次は一部信託保全です。これは顧客の「資金の一部」を預けることになります。その預けた範囲において、万一の場合、資金が戻ってくるというものです。ですから投資家その範囲がどこまでであるのかをよく調べて把握しておくことが必要です。

最後に分別保管ですが、これは銀行に預けるのではなく、「自社」で分別管理をするものです。ということは、万一事業者が破綻した場合、その資金が戻って来ないということが十分に考えられますので、注意が必要です。この場合の信託保全は、「第三者に預ける」という形をとりますので、当然安全性は高いとはいえません。

このように信託保全をする目的は、万一事業者が破綻した場合に、資金が戻ってくるようにするためのものです。従ってこれからFXトレードを始めるにあたり、事業者を選ぶ場合には、できれば、完全信託保全ができる事業者を選ぶようにしましょう。例えば攻略可能のXEマーケットは、信託保全が保証されている優良ブローカーです。