レバレッジとロスカット


FX取引の最大の特徴ともいえる取引の仕組みに「レバレッジ」があります。
レバレッジとは、FX取引業者に開設をする取引口座に、証拠金を預け入れてそれを担保として資金を借り、実際に投資をする際に、その投資金を倍加させる仕組みで、これにより少ない投資金でもたくさんの通貨を扱えるようになるため、利益を大きくすることができるのです。

この仕組みにより、例えば1ドル100円の為替相場において、1万ドル分のドルを買って取引きをしたい場合には100万円がかかりますが、レバレッジを国内最大倍数である25倍で効かせれば、わずか4万円で同じ取引きが行える仕組みになっています。

しかしながら、このレバレッジは取引業者から資金を借りて、取引できる通貨を増やしているものであるため、万が一、損失の方向に為替レートが変動してしまった場合にも、その損失を大きくしてしまうというデメリットもあります。

為替レートの予期せぬ変動で、大きな損失を抱えてしまい、投資家が持っている資産にまで影響を及ぼすような、つまり借金が発生して取引き御者から請求が来るような状態になるケースも考えられなくはありません。

こうした最悪のケースを未然に防ぐために、先程の証拠金を元にした「ロスカット」という仕組みが存在します。

これは、証拠金に対して最低証拠金維持率を設け、投資家が保持している通貨に発生した評価損益が含み損の場合、その金額が証拠金維持率を上回る金額になりそうな場合には、その時点で投資家が保持している通貨を強制的に決済して解消する仕組みになります。

これにより、強制的に損失が確定してしまいますが、その損失金額は基本的に証拠金額内に収まるため、そこから相殺をして、投資家の資産にまでは影響を及ぼさせないというものなのです。

しかしながら、ロスカットがかかれば一度に大きな投資資金を失う事によります。
ロスカットがかかる最低証拠金維持率は、取引業者ごとに設定に違いがあるのですが、例えば80%に設定をしている業者に100万円を預けて取引きを行っていれば、ロスカットの対象になった時点で、80万円以上の資金を一瞬で失ったことになるのです。

これは、FX取引にとっては特に痛手となり、証拠金は先の通りに、そのままレバレッジにもかかわってくる事柄ですので、当然証拠金が少なくなれば、掛けられるレバレッジも小さくなってしまって取引の規模が縮小されてしまいます。

また、証拠金維持率になる金額も大幅に小さくなるために、あっという間に二度目、三度目のロスカットに合う確率が高くなってしまうのです。

これを取り戻していくためには、大変な労力が必要で、単純な話ではありますが、先の例で言えば、最初の取引きの5分の1の能力を使って、資産を4倍に戻すことができなければ、元の100万円にはたどり着けないのです。

たった一度のロスカットで、FX取引に使う証拠金が無くなってしまい、FXから退場していく投資家も多くいます。
これを防ぐためには、レバレッジの使い方を適切に行うという事と、通貨を保持している際には為替相場の状況から目を離さず、損失方向に動くようであれば、躊躇うことなく決済注文を出し、その通貨の保持を決済して小さい損失で抑え込むことが必要でしょう。

また、業者によっては、一気に相場が急変した場合は別として、証拠金に対して含み損の金額が迫っていることを知らせてくれるサービスや、「マージンコール」という通達で、証拠金に増額をして証拠金維持率にゆとりを与えるか、保持している通貨を決済するか、という判断を求めてくるものもありますので、こうしたことを目安に、ロスカットを受けることのないように調整していく事が、FX取引を続けていくコツになるでしょう。