海外のバイナリーオプション


バイナリーオプションを始めるためには、この金融商品を取り扱っている取引業者と契約を結び、投資資金や配当金の払い出しを受けるための取引口座を開設する必要があります。

このバイナリーオプション取扱業者は、国内、海外にたくさん存在し、それぞれにサービスや取引きルール、設定などに違いがあるため、どの取引費業者を選ぶのかという事で、バイナリーオプション取引そのものにも大きな影響が出るのです。

バイナリーオプションで自由度が高く、様々な戦略も絡めて取引きが行えるのは、海外の取引業者になります。
国内のバイナリーオプションは、2008年に金融庁からの通達により規制が布かれるようになり、規模もルールも随分と縮小したため、バイナリーオプションに親しんだ投資家には、海外の取引業者を選択する人たちが多くいるのです。

海外のバイナリーオプションでは契約と口座の開設もスムーズで、国内業者のようにテストを受けたりすることもなく、すぐに取引きを始めることができます。

こうした海外業者という選択に対して、多くの初心者の投資家が思う事は、言葉の壁についてだと思います。
日本の顧客を取り込もうとする海外業者は、そのあたりに対しても手厚い対応を取っており、ほとんどの取引業者はウェブページから取引ツール、各種サポートまで日本語化が進んでおり、トラブルの際のサービスセンターの対応も、日本語でのメールやチャット、中には電話による日本人スタッフのサポートを要しているところもあります。

また、入出金についても、以前は特に出金の部分で時間がかかることが多く、出金トラブルではないのかと騒ぎになるケースが多かったのですが、いまでは入出金については日本の銀行と提携をしたり、クレジットカードやデビッドカード、電子マネーやネットバンキングなどを利用することで、かなり円滑な入出金が実現されているのです。

しかしながら、こうしたことを鑑みても安全性から考えれば、国内の取引業者の方がいいのではないか、と思う人も多いかもしれません。

確かに、安全性や利便性を考えると国内の取引業者よりも若干の手不足があることは否めないのですが、国内規制の掛からない海外のバイナリーオプションにはそれを補って有り余る、バイナリーオプションの投資としての魅力があるのです。

例えば、取引に掛かる時間を比べても、国内では一回の取引きは最短でも2時間と決められているために、1日の取引きは最大でも12回程度になります。
しかし、海外のバイナリーオプションでは、わずか1分間で取引きが終わるものもあり、国内で一日中フルで投資して得られる利益を、12分間であげることもかのうなのです。

こうしたことから、投資という事を考えた場合には、海外バイナリーオプションを選択する投資家が多いのです。